2023年5月オープン予定  オープンまでの連絡先 TEL:0726000250 Mail:contact@wellsports.clinic

健康寿命延伸プロジェクト

健康寿命延伸プロジェクトについて

健康寿命の延伸に貢献するクリニックでありたい。

「誰もがより長く元気に活躍できる社会の実現」のための3本柱の一つとして「健康寿命延伸プラン」が厚生労働省から発表されています。2040年までに健康寿命を3年延伸させ、75歳以上とすることを目標に掲げています。
当クリニックもその方針に賛同し、皆様の健康寿命を引き延ばすためのステーションとして活動していく所存です。

健康寿命に関する厚生労働省の見解は以下の通りです。

健康寿命の定義
健康寿命とは、ある健康状態で生活することが期待される平均期間を表す指標です。これは、算出対象となる集団の各個人について、その生存期間を「健康な期間」と「不健康な期間」に分け、前者の平均値を求めることで表すことができます。
健康寿命を算出するうえで課題となるのが、「健康」と「不健康」の定義とそれに基づく算出方法です。算出方法には、健康な状態と不健康な状態とに二分して健康な状態の期間を表す方法と、不健康な状態をレベルによって重みづけし、完全な健康(full health)に相当する期間として表す方法に大別されます。我が国が採用している健康寿命は前者を、WHOが発表している各国の健康寿命(HALE, Healthy Life Expectancy)は後者の方法を採用しています。
(1)「日常生活に制限のない期間の平均」(主指標)
「あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか」という質問に対して、「ない」という回答を「健康」とし、「ある」という回答を「不健康」として、サリバン法*により算出します。
(2)「自分が健康であると自覚している期間の平均」(副指標)
「あなたの現在の健康状態はいかがですか」という質問に対する、「よい」「まあよい」「ふつう」という回答を「健康」とし、「あまりよくない」「よくない」という回答を「不健康」として、サリバン法により算出します。
「健康日本21(第二次)」では、前者を主指標、後者を副指標と位置付け、この2つの指標により健康寿命を評価することにしましたが、これまでの「健康寿命の延伸」のみならず、「不健康な期間」である「平均寿命と健康寿命の差」の短縮(「平均寿命と健康寿命」 参照)にも着目し、目標とすることになりました。

厚生労働省e-ヘルスネット「健康寿命の定義と算出方法」より

TOP